借金のこと、弁護士に相談下さい。弁護士が良きパートナーとして直接対応します。

お客様本位で考えました。

  • 電話無料相談の予約⇒24時間受付
  • 自己破産21万(税込)※同時廃止の場合
  • 費用の分割が可能です

川崎駅直結1分 夜間21時まで相談可(無料相談)

個人再生は、どのような点が自己破産と違うのですか?

 個人再生自己破産は、いずれも裁判所に対する申立により行う債務整理の方法という点で共通しますが、主に、以下のような違いがあります。 

 ① 借金返済の要否

 自己破産の場合、裁判所から免責許可決定が得られれば、借金を返済しなくてよいことになります。これに対して、個人再生の場合は、裁判所から再生計画の認可決定を得られれば,借金は大幅に減額され,その減額された借金を分割で弁済すればよいことになりますが,借金がまったくなくなるわけではありません。

 ② 資格制限の有無

 自己破産の場合には,裁判所に申し立てをすると,保険の外交員や警備員などの一定の職業には就くことはできなくなります。これに対して、個人再生の場合には,裁判所に申し立てをしても,こうした職業に就けなくなることはありません。

 ③ 不動産処分の要否

 自己破産の場合,家を持っている人は、多くの場合,その家を手放さなければならなくなります。これに対して、個人再生の場合には,住宅資金特別条項という制度を利用することにより,家を手放さずに借金の整理をすることができます。

 ④ 免責不許可事由の有無

 自己破産では,ギャンブルや浪費などにより借金を作ってしまった場合、裁判所に申し立てをしても,破産法上の免責不許可事由に当たるため,免責許可決定が得られないことがあります。これに対して、個人再生には,自己破産の場合のような免責不許可事由がないので,再生計画の認可決定を受け,借金を減額してもらうことができます。

はじめての方は相談・ご依頼の流れをご覧下さい。

カテゴリ