借金のこと、弁護士に相談下さい。弁護士が良きパートナーとして直接対応します。

お客様本位で考えました。

  • 電話無料相談の予約⇒24時間受付
  • 自己破産21万(税込)※同時廃止の場合
  • 費用の分割が可能です

川崎駅直結1分 夜間21時まで相談可(無料相談)

親族が借金を残して亡くなり、自分が相続人となったのですが、その借金を返せない場合は自己破産をする必要があるのでしょうか?

 自己破産をする必要はありません。

 借金を残した人の相続人となり、その借金を返せない場合には、家庭裁判所で「相続放棄」という手続を行うことができます(民法938条)。相続放棄が認められると、相続放棄をした者は、その相続に関して、初めから相続人ではなかったものとみなされますので(民法939条)、借金も引き継がないとすることが可能となります。

 ただし、相続放棄は、原則として、相続があったことを知ったときから3か月以内にその手続をとる必要があります(民法915条1項)。また、相続放棄が認められると「初めから相続人ではなかった」ことになるので、亡くなった親族が借金以外に財産(遺産)を有していた場合でも、その遺産を相続することができなくなります。

はじめての方は相談・ご依頼の流れをご覧下さい。

カテゴリ