借金のこと、弁護士に相談下さい。弁護士が良きパートナーとして直接対応します。

お客様本位で考えました。

  • 電話無料相談の予約⇒24時間受付
  • 自己破産21万(税込)※同時廃止の場合
  • 費用の分割が可能です

川崎駅直結1分 夜間21時まで相談可(無料相談)

消費者金融など以外に親族や友人からの借金もあるのですが、親族や友人からの借金は返したと思っています。このような場合でも自己破産することは可能でしょうか?

 そのような方法で自己破産をすると免責を受けられない可能性があります。

 まず、破産法上、虚偽の債権者名簿を提出することは免責不許可事由に該当します(同法252条1項7号)。したがって、親族や友人を債権者名簿に記載しなかったり、債務額を偽ったりすると、免責を受けられない可能性があります。

 また、特定の債権者にだけ債務の返済すれば、偏頗弁済(へんぱべんさい)として免責不許可事由に該当する可能性もありますので(破産法252条1項3号)、やはり免責を受けられない可能性があります。

はじめての方は相談・ご依頼の流れをご覧下さい。

カテゴリ