借金のこと、弁護士に相談下さい。弁護士が良きパートナーとして直接対応します。

お客様本位で考えました。

  • 電話無料相談の予約⇒24時間受付
  • 自己破産21万(税込)※同時廃止の場合
  • 費用の分割が可能です

川崎駅直結1分 夜間21時まで相談可(無料相談)

ギャンブルや浪費などで借金を作ってしまったのですが、このような場合でも破産することができますか?

 免責を得られる場合もあります。

 たしかに、借金の原因がギャンブルや浪費などの場合は、破産法上「免責不許可事由」に該当することにはなります。しかし、免責不許可事由に該当すると必ず免責が不許可になるというわけではありません。裁判所の裁量により免責を得られることはよくあります(裁量免責といいます。)。

 このように裁量免責の可能性もあるので、免責不許可事由に該当するからといって破産手続をあきらめる必要はありません。まずは、ご相談下さい。

はじめての方は相談・ご依頼の流れをご覧下さい。

カテゴリ