借金のこと、弁護士に相談下さい。弁護士が良きパートナーとして直接対応します。

お客様本位で考えました。

  • 電話無料相談の予約⇒24時間受付
  • 自己破産21万(税込)※同時廃止の場合
  • 費用の分割が可能です

川崎駅直結1分 夜間21時まで相談可(無料相談)

どのような場合に自己破産できますか?

 負債を抱える債務者が自己破産できるのは、その債務者が「支払不能」の状態にある場合です(破産法15条1項)。

 ここに「支払不能」というのは、債務者が、支払能力を欠くために、その債務のうち弁済期にあるものにつき、一般的かつ継続的に弁済することができない状態をいいます(破産法2条11項)。急な入り用のために1,2回支払いができなかったというだけでは足りず、債務者の収入と支出を比べた結果、今後も支払いを続けることができない状態にあることが必要となります。

 なお、債務者が支払を停止したときは、その債務者は支払不能の状態にあるものと推定されます(破産法15条2項)。また、支払不能の状態にある場合でも、免責不許可事由があることについては注意が必要です。

はじめての方は相談・ご依頼の流れをご覧下さい。

カテゴリ