借金のこと、弁護士に相談下さい。弁護士が良きパートナーとして直接対応します。

お客様本位で考えました。

  • 電話無料相談の予約⇒24時間受付
  • 自己破産21万(税込)※同時廃止の場合
  • 費用の分割が可能です

川崎駅直結1分 夜間21時まで相談可(無料相談)

なぜ、借金があったのに、逆にお金を返してもらえるのですか?

 それは、借金(利息)の返済として支払っていたものが、本当は支払わなくてよいものだったからです。

 かつて、金融業者の多くは利息制限法に定められた制限利率を超える利率(いわゆるグレーゾーン金利)での貸付を行っていました。利息制限法に違反する貸付けですので、制限利率を超える部分については、法律上、無効となります。

 そうすると、本当は支払わなくてもよい利息を支払っていたことになるので、払いすぎた利息分の支払いについては元本を支払ったことにします(これを「元本への充当」といいます。)。このように、グレーゾーン金利での利息の支払を続けていると、元本自体が徐々に減っていくことになります。

 そして、超過利息分の元本への充当を続けていくと、ある時点で元本が完済されたということがあります。利息は元本があって初めて発生するものですから、元本がないのに利息が発生するということはありません。したがって、元本が完済となった時点以降の支払いは、債務がないのに支払っていたことになります。つまり、本当は支払わなくてもよいお金を支払っていたことになるのです。              

 本当は支払わなくてもよいお金だったのに、間違って支払ったのですから、「その分は返して下さい。」と言えるわけです。

はじめての方は相談・ご依頼の流れをご覧下さい。

カテゴリ