借金のこと、弁護士に相談下さい。弁護士が良きパートナーとして直接対応します。

お客様本位で考えました。

  • 電話無料相談の予約⇒24時間受付
  • 自己破産21万(税込)※同時廃止の場合
  • 費用の分割が可能です

川崎駅直結1分 夜間21時まで相談可(無料相談)

管財手続となる可能性があったが、同時廃止手続で破産申し立てをすることができた事例

40代 女性 パート

夫が病気で仕事ができなくなったことから、借り入れを始め、借金が合計600万円になっていたため相談に来られました。
債権調査の結果、負債が150万円程度にまで減りましたが、それでも返済をすることができなかったため、破産申立てを行いました。
 
ご相談に来られた時には手元に残っていなかったのですが、遺産分割により受領した金銭があったため、管財手続になる可能性がありました。
もっとも、その使い途を説明した結果、同時廃止手続で進めることができ、無事免責も受けられました
 

コメント

申立て以前に多額の財産を保有していた場合、申立て時に手元に残っていないとしても、その使い途を説明できないと、管財事件となる可能性があります。管財事件となると、弁護士費用以外に20万円の予納金が必要となります。
本件は、使い途をきちんと説明することが出来たので、同時廃止手続で進めることができ、依頼者の費用の負担を少なく済ますことができました
はじめての方は相談・ご依頼の流れをご覧下さい。

カテゴリ