借金のこと、弁護士に相談下さい。弁護士が良きパートナーとして直接対応します。

お客様本位で考えました。

  • 電話無料相談の予約⇒24時間受付
  • 自己破産21万(税込)※同時廃止の場合
  • 費用の分割が可能です

川崎駅直結1分 夜間21時まで相談可(無料相談)

再生計画

 再生計画とは、再生債権者の権利の全部又は一部を変更する条項その他の第154条に規定する条項を定めた計画をいいます(民事再生法2条3号)。これだけでは何のことだか分かりづらいのですが、要するに、再生債権を減額するとともに、その支払い方法を定めたもののことです。

 再生債務者は、裁判所の定める期間内に、再生計画案を作成して裁判所に提出しなければなりません(民事再生法163条1項)。そして、再生計画認可の決定が確定すると、再生計画「案」は再生計画となり、再生債権は再生計画に定められた内容に変更されます。

 再生計画は、最低弁済額を上回る弁済を内容とするものでなければなりませんが、その他にも、①再生債権者の間で平等であること(民事再生法229条1項)、②弁済期が3か月に1回以上到来する分割払いで、最終の弁済期が原則として3年であること(同条2項)、の2つの要件を備える必要があります。

はじめての方は相談・ご依頼の流れをご覧下さい。

カテゴリ