借金のこと、弁護士に相談下さい。弁護士が良きパートナーとして直接対応します。

お客様本位で考えました。

  • 電話無料相談の予約⇒24時間受付
  • 自己破産21万(税込)※同時廃止の場合
  • 費用の分割が可能です

川崎駅直結1分 夜間21時まで相談可(無料相談)

免責不許可事由

 免責不許可事由とは、裁判所が免責許可の申立てを行った債務者について免責を許可しないことができる事由をいいます。

 破産法252条1項は、免責不許可事由として、以下のものを列挙しています。

 ① 債権者を害する目的で財産の価値を不当に減少させる行為をしたこと

 ② 破産手続の開始を遅延させる目的で、著しく不利な条件で債務を負担するなどの行為を  したこと

 ③ 特定の債権者に対し、特別な目的を持って債務を消滅させる行為などをしたこと

 ④ 浪費や賭博によって著しく財産を減少させたり過大な債務を負担したこと

 ⑤ 破産手続き開始の申立日の1年前から破産手続き開始の決定日までの間に、詐術を用い  て信用取引を行い財産を取得したこと

 ⑥ 業務及び財産の状況に関する帳簿、書類などを隠滅したり偽造したりしたこと

 ⑦ 虚偽の債権者名簿を提出したこと

 ⑧ 裁判所の調査に対して説明を拒んだり虚偽の説明をしたこと

 ⑨ 不正な手段で破産管財人などの職務を妨害したこと

 ⑩ 以前に免責許可の決定などがあってから7年以内に免責許可の申立てをしたこと

 ⑪ 破産法に定める義務に違反したこと

はじめての方は相談・ご依頼の流れをご覧下さい。

カテゴリ