借金のこと、弁護士に相談下さい。弁護士が良きパートナーとして直接対応します。

お客様本位で考えました。

  • 電話無料相談の予約⇒24時間受付
  • 自己破産21万(税込)※同時廃止の場合
  • 費用の分割が可能です

川崎駅直結1分 夜間21時まで相談可(無料相談)

家族に知られずに破産申し立てを行った事例

30代 女性 パート

奨学金や消費者金融など結婚前から負っていた借金が合計400万円にもなり,もはや返済ができなくなったため,破産申立てをすることになりました。
ただし,家族には借金や破産のことを話していなかったため,家族には内緒で進めたいという希望をお持ちでした。
お話を伺ったところ,破産申立てに必要な書類について,家族の協力がなくても用意できるとのことであったため,受任することになりました。

依頼者に,めぼしい財産もなかったため,同時廃止手続で進めることができ,最終的に免責を受けることができました。また,家族にも知られることなく手続を終えることができました。

 

破産申立ての際に,裁判所から同居者の収入に関する資料の提出を求められることもあり,その場合には通常家族の協力が必要となるため,家族に内緒のまま破産申し立てを進めることができないことがあります。

今回は,同居者の収入に関する資料も依頼者が管理しているということでしたので,家族に判明してしまうリスクについても了解いただいた上で,依頼を引き受けることになりました。


 

破産コンテンツ一覧

 

自己破産について

自己破産について

 

自己破産ができる場合

 

自己破産ができない場合

弁護士に依頼するメリット

 

自己破産以外の借金整理法

   

法人破産について

法人破産について

 

従業員に対する対応

 

破産後の経営者の生活

法人破産手続きの流れ

 

弁護士に依頼するメリット

   
はじめての方は相談・ご依頼の流れをご覧下さい。

カテゴリ