借金のこと、弁護士に相談下さい。弁護士が良きパートナーとして直接対応します。

お客様本位で考えました。

  • 電話無料相談の予約⇒24時間受付
  • 自己破産21万(税込)※同時廃止の場合
  • 費用の分割が可能です

川崎駅直結1分 夜間21時まで相談可(無料相談)

夫婦合わせて5000万円を越える負債を抱えたが、破産申立て後も住宅を残すことができた事例

30代 夫婦 


家族 夫:会社員、妻:会社員、子ども2人
負債:夫 3000万(うち住宅ローン1500万)
    妻 2200万(うち住宅ローンの保証債務1500万)

夫が転職を繰り返している間、生活費を補うため、ご夫婦それぞれの名義で借り入れをしているうちに借金が増えていました。
所有している住居の住宅ローンもあったのですが、住宅は手放したくないというご希望でした。

事情を確認したところ、妻の借金がなければ、夫について住宅ローン条項付きの個人再生を行えば、生活再建ができそうでした。
そこで、妻については、破産申立てを行い、夫については、住宅ローン条項付きの小規模個人再生を申立てを行うことにしました。

妻が、住宅ローンの連帯保証人になっていたため、住宅ローンの金融機関に事前に方針を伝え、協力してもらえることを確認して申し立てを行いました。

事前に金融機関に伝えていたため、申し立て後は問題もなく、妻については免責が認められ、夫については再生計画が認可され、無事自宅を残すことができました。
 



 

はじめての方は相談・ご依頼の流れをご覧下さい。

カテゴリ