借金のこと、弁護士に相談下さい。弁護士が良きパートナーとして直接対応します。

お客様本位で考えました。

  • 電話無料相談の予約⇒24時間受付
  • 自己破産21万(税込)※同時廃止の場合
  • 費用の分割が可能です

川崎駅直結1分 夜間21時まで相談可(無料相談)

家賃や生活費のために借入れが200万円に達し、破産申立てを行った事例

20代 男性 会社員
 

家族:独身、母、姉妹と同居
負債:200万円

家賃や生活費などを折半することを条件に同棲を始めました。
ところが、同棲相手が、会社を退職することになったため、依頼者が家賃や生活費などを全て負担しなければならなくなりました。

依頼者の収入では、その全てを支払うことができなかったため借り入れを始め、気がついたら借金が200万円くらいになっていたため、ご相談に来られました。

ご相談に来られたときには、同棲を解消して実家に戻っていましたが、家計に入れるお金を考えると、返済できないと判断し、破産申立てを行いました。

申し立て後は、特に問題もなく、免責が認められました。
 



 

はじめての方は相談・ご依頼の流れをご覧下さい。

カテゴリ