借金のこと、弁護士に相談下さい。弁護士が良きパートナーとして直接対応します。

お客様本位で考えました。

  • 電話無料相談の予約⇒24時間受付
  • 自己破産21万(税込)※同時廃止の場合
  • 費用の分割が可能です

川崎駅直結1分 夜間21時まで相談可(無料相談)

法人の破産を弁護士に依頼するメリット

「弁護士に依頼すると、お金がかかるが依頼するメリットってなに?」

「法人破産って自分でもできるんじゃないの?」
 
と思われている方も多いと思いますが、倒産状態にあるとき、資金繰りのために一所懸命になり、心身ともに疲れ果ててしまっていると思います。そんなときに、手続きのことや債権者対応のことを考えるのは大変です。このような時、人生の再出発をするためのサポートができるのが弁護士です。
 

弁護士に依頼するメリット

①経営者やご家族への直接の請求、取立行為はストップする

弁護士が破産手続を受任した場合、速やかに債権者や取引先に受任通知を発送し、営業所などに張り紙をするなどして、財産を保全することになります。
弁護士が受任することにより,債権者が平等に取り扱われることとなるため,債権者の対応は冷静になるのが一般的です。混乱を未然に防ぎ、適正な処理が可能になるのです。
 

②権利を最大限保護することができる

従業員の方の給料や退職金などの労働債権を先に確保したり、経営者の財産のうち、一部を「自由財産拡張」として破産財団から除外し、経営者に残すことにより、権利を最大限保護することができます。
 

③手続きを安心して任せられる

一般の方で法人破産の手続きに慣れているという方はいらっしゃらないと思います。法人破産の手続きには資料を用意したり書類を作成したりしなくてはいけません。弁護士に依頼すれば、必要な手続きを安心して任せられます。
 

④債権者とのトラブルを避けられる

破産手続きを始めると、債権者は債権回収を急ぎます。そのことで混乱やトラブルが発生することも多々あります。弁護士に依頼しておけば、債権者からの問い合わせは全て弁護士が行うことになり、混乱を避けられます。
 
 
また、会社の倒産手続きを考える場合、選べる選択肢は破産だけではありません。任意整理や民事再生、会社更生などで会社の経営を続けることができる可能性があるのです。
 
しかし、どの手続きを選択することができるかは、その時々の状況によって変化するため一概には言えません。ただし、どのような手続きを選択するにしろ、債権者や裁判所のやり取りを行う際には、法律の専門知識が必ず必要となるので、弁護士に依頼されることをお勧め致します。会社の倒産手続きを行うには、経営状況や、今後の事業計画などの情報を弁護士が把握し、総合的に判断する必要があるのです。
 
何か少しでも不安なことがありましたら当事務所にご相談ください。

破産コンテンツ一覧

 

自己破産について

自己破産について

 

自己破産ができる場合

 

自己破産ができない場合

弁護士に依頼するメリット

 

自己破産以外の借金整理法

   

法人破産について

法人破産について

 

従業員に対する対応

 

破産後の経営者の生活

法人破産手続きの流れ

 

弁護士に依頼するメリット

   
はじめての方は相談・ご依頼の流れをご覧下さい。

カテゴリ