借金のこと、弁護士に相談下さい。弁護士が良きパートナーとして直接対応します。

お客様本位で考えました。

  • 電話無料相談の予約⇒24時間受付
  • 自己破産21万(税込)※同時廃止の場合
  • 費用の分割が可能です

川崎駅直結1分 夜間21時まで相談可(無料相談)

過払い金返還請求について

過払い金とは、債務者が貸金業者に返し過ぎたお金のことです。

 
 
消費者金融等の貸金業者が定める利率と利息制限法の利率に大きな開きがあるため、過払い金が発生します。
 
 
利息制限法では上限利率を以下のように定めています。 
 
 
元本 金利 
10万円未満 年20% 
10万円以上100万円未満 年18% 
100万円以上 年15% 
 
一方,消費者金融等の貸金業者の大半は、この利息制限法の上限利率を超えて,改正前の出資法の上限利率である29.2%を超えない利率で貸付をおこなってきました。
 
 
貸金業者が利息制限法の上限利率を守らないのは、出資法を越えた利率で貸付けをおこなうと刑事罰の対象になるのに対して、利息制限法を越えた利率で貸付けをおこなっても罰せられることがないからです。

このように,利息制限法の上限利率を超えているが出資法の上限利率に満たない部分の金利を「グレーゾーン金利」といいます。
 
 
もっとも,グレーゾーン金利による貸付には出資法の罰則の適用がないというだけであって,利息制限法に違反する貸付であることに変わりはありません。
 
違法な貸付である以上,違反する部分(利息制限法所定の利率を超える部分)の利息の返済約束は,法律上当然に無効になるとされています。
 
そこで,利息制限法所定の利率を超える部分の支払いを元本に充当していくと,元本自体が徐々に減っていき,ある時点で元本が完済になっていたということがあります。
 
この元本が完済となっていた時点以降の返済は,本来返済する必要がないものまで返済していた,すなわち払いすぎていたということになるので,その払いすぎた部分を返してもらうことができます
 
これが過払い金発生の仕組みです。
 
 

こんな方は是非過払金返還請求を

一般的に、5年以上取引があれば過払い金が発生している可能性があり、7年以上であれば過払い金が発生している可能性が高いと言えます。
 
 

過払返還請求の手続の流れ

(1)契約後その日のうちに債権者に受任通知を発送
   受任通知が届けば、業者からあなたへの請求が止まります。
   
(2)債権の調査
   弁護士がこれまでの取引経過を取寄せます。(1週間から1ヶ月)
   
(3)債務の確定
   まず利息制限法に基づき、正しい借金の額を計算し直します。(引き直し計算)
   
(4)引き直し計算により、過払い金が発生していれば、
   債権者に請求し、交渉します。
   
(5)交渉が成立すれば、過払い金の返還を受けます。
   交渉がまとまらない場合は、過払い金返還請求訴訟を起こします。
   
(6)和解がまとまれば、期日を定めて過払い金の返還を受けます。
   和解がまとまらなければ、判決を待ちます。
 
 
※業者によっては、取引当初からの明細を出してこなかったり、過払い金の返還に同意しない場合があります。
 
そのような時は、過払い金返還請求訴訟(正式には、不当利得返還請求訴訟)を起こし、裁判で争うことになります。
はじめての方は相談・ご依頼の流れをご覧下さい。

カテゴリ