借金のこと、弁護士に相談下さい。弁護士が良きパートナーとして直接対応します。

お客様本位で考えました。

  • 電話無料相談の予約⇒24時間受付
  • 自己破産21万(税込)※同時廃止の場合
  • 費用の分割が可能です

川崎駅直結1分 夜間21時まで相談可(無料相談)

高松平家物語歴史館

大﨑です。

 人権擁護大会が無事に終了したので、時間はわずかでしたが、高松市を観光することにしました。

 平家物語ファンとしては、できれば屋島まで行って、那須与一の扇の的や源義経の弓流しに思いを馳せたかったのですが、スケジュールの都合上難しかったため、高松平家物語歴史館に行くことにしました。

 高松平家物語歴史館のホームページはこちら

 蝋人形が多数あり、平家物語の名場面を再現しています。もちろん、「祇園精舎の〜♪」と語る蝋人形の琵琶法師もいます。あまり期待はしていなかったのですが、意外に人形がリアルで、いい意味で予想を裏切られました。特に源義経の「ひよどり越え」は圧巻のスケールでした。

 

 

 

 

となりは入道相国・平清盛公(の蝋人形)

人権擁護大会が無事終了して、 平清盛と「肩を並べた」ような気がした

 

 私は「新・平家物語」(吉川英治著)が好きで、何度も読み返しています。もともとは、平清盛から鎌倉幕府に続く「歴史の必然性」みたいなものがよくわからず、何となくコンプレックスを感じていました。歴史の授業を真面目に聞いていなかったからだと思いますが(古典にも登場しましたね)、平清盛についても奢りたかぶって無茶苦茶やった「極悪人」くらいのイメージしかなく、しかし、だからといって、平家を打倒し鎌倉幕府ができて「めでたし、めでたし」というのも、何となくしっくりときませんでした。そこで、身近なところで「新・平家物語」を手にとって読み始めたのですが、いつしか当初の疑問の解明よりも、物語そのものに夢中になっていました。

 平清盛については「新・平家物語」の書き方もあるのでしょうが、どうしても嫌いになれません。むしろ、読むほどに魅力的にさえ思えます。今では、完全に悪人のイメージが固まってしまった気の毒な人というように考えています。

 来年のNHK大河ドラマは松山ケンイチさん主演の平清盛だそうです。久しく大河ドラマから遠ざかっておりましたが、久しぶりに楽しみです。以前の私と同じく「平清盛=極悪人」というイメージをお持ちの方も少なくないと思いますが、大河ドラマを機に、このようなイメージが少しでも払拭されれば、清盛ファンとしてはうれしい限りです。

はじめての方は相談・ご依頼の流れをご覧下さい。

カテゴリ