借金のこと、弁護士に相談下さい。弁護士が良きパートナーとして直接対応します。

お客様本位で考えました。

  • 電話無料相談の予約⇒24時間受付
  • 自己破産21万(税込)※同時廃止の場合
  • 費用の分割が可能です

川崎駅直結1分 夜間21時まで相談可(無料相談)

ミニマス(Minimus)

大﨑です。

 先日、ランニングをしていたら、突然、右足のシューズから「パタン パタン」という音がするようになりなりました。止まってよく見てみると、ランニングシューズの靴底のラバーが半分ほど剥がれてシューズにぶら下がっているような状態になっており、地面に着くたびに靴底のラバーが跳ね返って「パタン」と鳴っているのが分かりました。

 このランニングシューズは、かれこれ10年近く履いているものでした。なので、少し残念な気持ちはありましたが、それよりも「履き倒した!」という感慨のほうが強く残りました。宮崎で裁判官や裁判所書記官と一緒に参加した「青島太平洋マラソン」でも、このシューズで走りました。

 新しいランニングシューズを買いにスポーツショップに行ってみると、その種類の豊富さとハイテクさに驚かされました。10年前のランニングシューズといえば、靴底のラバーが厚く、クッション性の高い、いかにも厳ついものが主流だったように思います。私の履き倒したシューズもそのようなものでした。

 ところが、今のランニングシューズは驚くほど軽いものが多く、また、その形状も様々で、中には足袋のようなものや、5本指ソックスのようなものまでありました。もちろん、昔ながらのシューズも多くありましたが、クッション性などの機能は10年前よりはるかに進歩しているようです。

 当初は、昔ながらのランニングシューズを買おうと考えていたのですが、いろいろと見ているうちに、つい新しいものに目が行ってしまい、結局、これまでに履いたことがないような軽いシューズを買うことに決めました。なぜか私の足のサイズ(27㎝)のシューズが店頭に片足しかなく、親切な店員に長時間在庫を探していただき、ようやく買うことができました。

 

写真-2.JPG

 

Minimus.JPG

 写真では分かりづらいかもしれませんが、大変薄く、軽いです。

 

   NEW BLANCEの「ミニマス(Minimus)」というシリーズで、裸足感覚で走ることをコンセプトにしているようです。どこが普通のシューズと違うかというと、普通のシューズで走る時には踵から着地するような形となるのに対して、裸足で走ると、足の裏の全体で着地するようになり、その結果、

  •  効果的なランニングフォームが身につく
  •  ふくらはぎやアキレス腱が鍛えられる
  •  怪我や故障の予防につながる

などの効果があるとのことです。

 早速、新しいシューズを履いてランニングしてみました。

 前のシューズはクッションが大きかったので、新しいシューズで走ることに少し不安がありましたが、足の裏全体が同時に地に着くのは事実のようで、厚いクッションがなくてもまったく気にならず、快適に走ることができました。

 これまで、あまりフォームを意識して走ったことがなく、また、タイムを計って真剣に走っていたわけではないため、正直、それほどフォームが変わったようには感じられませんでした。ただ、履き心地には大変満足しております。値段は少々高かったのですが、元が取れるよう、長く履いていきたいと思います。

 ところで、私はあくまで健康のために趣味程度で走っているだけであり、今のところ市民マラソンのような大会に参加することは考えていません。大会に参加するとなれば、今以上に真剣に練習するのでしょうが、私の性格からすると、レースになれば自分の限界を無視して走ってしまうのが分かっているからです。宮崎の青島太平洋マラソンでも、大会終了後1週間ほどは、非常に残念な状態となってしまいました。

 同じ轍、二度は踏むまじ
 性格はそう簡単には直らないでしょうから。
 

はじめての方は相談・ご依頼の流れをご覧下さい。

カテゴリ